失敗しない転職のポイント

転職での面接とその自己PRに関する主たるポイント

転職をするなら、自分をアピールしていく事にはなります。人事担当者に対して、自己PRをする訳です。もちろんそれは、合否に大きく関わってきます。そのポイントも複数ありますが、分かりやすさや人物像などは意識するべきです。

分かりやすくPRするのが望ましい

自己PRをする事自体は、確かに大切です。自己PRで熱意が感じられれば、企業としても関心を抱いてくれる事はあります。しかし自己PRの内容が分かりづらいのは、良くありません。応募者によっては、長々と自己PRしているものの、肝心の内容が今一つ分かりづらい事もあるのです。やはりそれでは、マイナスポイントになってしまいます。PRをするにしても、分かりやすく表現するよう心がけるべきでしょう。

企業が希望する人物像に合わせたPRを心がける

ところで各企業には、求める人物像というものがあります。その像は、企業によって異なるのです。例えばある企業Aは、慎重に行動してくれる人材を求めているとします。それに対して企業Bは、むしろ大胆に行動する人材を求めているとします。もしも自分が企業Aに応募するなら、慎重さをPRするのが良いでしょう。大胆に行動する事をPRするよりは、企業の求める人材にマッチしますから、採用される確率も高まる傾向はあるのです。逆に企業Bに転職したい時には、大胆さをPRする事にはなります。ですから自分が応募する企業では、果たしてどのような人物像を重視しているかは、確認しておく必要があります。

最新記事